メニュー

新ITの仕組みとビジネス

チャット

意思疎通の新しい手段

コミュニケーション手段として、SNSが中心となってきた現在では、その入力のしやすさなどの特徴をビジネスに展開するという動きが広まっています。その一つにチャットシステムがあるのですが、これは電話とメールの良い所を取り入れたものとして、使用する企業が増えてきています。その良い所というのが、電話と同じように相手と1対1で会話が即座に行えるということになり、そのことが迅速な意思疎通に繋がるのです。またチャットシステムでは相手が応答がなくても、着信のような痕跡を残すことができるので、相手もチャットが来たことがわかるのです。次にメールの仕組みのように、伝えたいことが文章で残るために、後から検索を行ったり、引用したりすることが簡単なのです。またチャットシステムでは、相手の状況を知るという機能が搭載されており、遠くにいても状況を把握できるのです。電話であれば、相手の状況が見えないという点がありますし、メールもいつ呼んでもらえるか、保証がないのです。こういった点を改善できるのがチャットシステムであり、相手の都合に考慮したコミュニュケーション手段として、認知されています。こういった便利な機能に加え、最近ではグループでチャットすることが可能であったり、資料を共有することが容易にもなっています。これらの良い所があり、利用することで業務効率が向上するというメリットもありますので、導入を行う企業が多くなってきているのです。